《恋愛心理学》彼氏と彼女の180度違うよくある”受け取り方”の違い

恋愛心理学 恋愛心理学

今回は恋愛心理学で代表的な女性と男性の”親切の違い”についての記事です。

この親切は彼女がしてもらったら嬉しいはずのことが、彼氏には不親切!という程受け取り方が反対の例です。

 

具体的には困っているときに手伝うことは女性にとっては『親切』ですが男性にとっては『不親切』に感じてしまうことがあります!

そんな正反対の受け取り方があるとしたら知っていないと結婚できない女性になってしまうかもしれません!

婚活中の方にはぜひ一読していただきたい記事です!

スポンサーリンク

恋愛心理学において代表的な男女の180度違う思考とは?

 

恋愛心理学において、男女の思考が180度違う例はいくつかあります。

その中で代表的なものの中に、デートで有りがちなシチュエーションがあります。

彼氏とのデート中楽しくドライブをしていたら彼氏が道に迷ってしまいました。

カーナビもうまく機能していないみたいで、彼は困っているように見えます。

そんなとき女性のあなたならどうしますか?

 

カーナビの入力の仕方をアドバイスしたり地図を広げたり、

スマホで ルートを検索したり、

色々な方法で手伝ってあげたくなりますよね。

 

それは女性にとっては

『頼まれてもいないのに手伝うこと』親切であり愛情の証でもあるからです。

 

それに対し男性の場合

『頼まれてもいないのに手伝うこと』

あなたは一人ではこの問題を解決できないから、仕方ないから私が手伝ってあげる!

という『不親切』になってしまうことがあります。

 

これは恋愛心理学において男性と女性の考え方が180度違う一例です。

 

では彼氏が困っている、私は手伝ってあげたい!そんな時どうしたらいいのでしょう?

 

①頑張って手伝わないようにする

女性の場合困っている人を見かけた時に手伝わないということは心苦しいものです。

特に、愛する彼氏が困っているのをわかっている状況で

自分が手助けをしないということは相当な努力がいるものです。

 

冷たい人と勘違いされて婚活がスムーズにいかなくなったらどうしよう…と思うかもしれません。

 

それは手助けをするということは

女性にとっては愛情の証であり相手とより一層

女性同士では親密になることができるチャンスでもあるからです。

 

手伝わないようにするからと言って

困っている彼氏を無視するということではありません

 

② 手伝う意思があることを彼氏に伝える

 

勝手に、頼まれてもいないのに

彼氏の手伝いに入ることはお勧めできません。前述のとおり、男性にとっては不親切になるからです。

 

ですので
もし「私に手伝えることがあったら言ってね^^」

と彼氏に伝えます。

これで冷たい人と思われてしまうかもしれないという不安は解消できますね^^

 

そして彼氏に手伝ってと言われたら、 手伝ってと言われた内容を手伝います

もし彼氏が何も言わなければ申請があるまでは、

自分の時間を楽しく過ごして待ちます。

手伝いたい気持ちを抑えるということは

女性にとっては結構大変なことですが

それも彼氏に対しての親切と思ってやってみてください^^

 

《恋愛心理学》彼氏目線では”信頼している”彼女目線では”気が利かない!”の違い

女性だったら
『黙って手伝って欲しいなぁ。それが愛よね!』

と思う方もいるでしょう。

女性はそのような思考パターンを持っているので当たり前のことです。

 

あなたは今まで生きてきて

彼氏に限らず男性に対してこのようなことを感じたことはないでしょうか?

 

『なんでこのシチュエーションで助けてくれないんだろう?

手を差し伸べてくれないんだろう?この人、気がきかないなー

 

男性の場合、視野が一点集中型なので

女性に比べて『気がついていない』という事もよくあります。

しかしそれ以外に『頼まれてもいないのに手伝うこと』は失礼という思考も男性にはあります。

 

あと少しでできそうなところ、頑張ればできそうなところを勝手に手伝って

『達成感や手柄を相手から奪ってしまったら失礼』という思考です。

 

女性にとっては困ったことを解決したことが

手柄や達成感に感じられるイメージと捉えるとは大抵の方がわかないでしょう。

 

そこが男性と女性の恋愛心理の大きな違いでもあります!

助けを求めていないのに勝手に手伝われること = 助けてあげないといけない能力が低い人

 

人によって程度の差はありますが彼氏に、このように受け取られてしまうこともあります。

すると婚活はもちろん失敗しやすくなります。

 

このように

『恋愛心理学では男性と女性の思考パターンが180度違うことがある』ということを

知っておくことは婚活を成功させるにあたって&幸せな結婚を続けていくにあたってメリットになります。

 

恋愛心理学を知ってもどうしても手伝いたい場合の対処法

女性の場合は『勝手に手伝うこと』は愛情表現の一つでもあるので

彼氏が困っていることに対して手伝うことができると

力になれたと嬉しい気持ちが湧くこともあります。

 

もしそういう場合は、彼氏に
「私で手伝えることがあったら言ってね」と言った時に
「あなたの力になれることがあれば嬉しいのよ」
ということも伝えておくこともいいですよね!

彼氏から手伝ってと言われるまで待つメリット!

ドライブで道に迷ったり、どうにか彼氏一人でも解決できそうな事柄はより一層手伝わない方がお勧めです。

 

そんなこともできない能力がない人という風に言っているイメージを与えてしまうからです。

 

でも限られたデートの時間

目的地に着くのが遅れて楽しい時間が減ってしまったらと思うと

あなたもイライラしてしまうかもしれません。

 

でも長い人生のうちの3時間遅れたとしても大したことはないですよね?

 

そのドライブ中にどちらかが機嫌を悪くして

早く目的地に着いても楽しい時間を過ごすことは難しくなります。

 

それよりはその迷っているドライブ中も

二人の楽しいデートの時間を過ごした方がずっとメリットが大きいのではないでしょうか^^

 

だから、困っている彼氏を見て手伝いたい時は

「手伝いたい気持ちがあるよ」ということを伝えて待つようにしてみてくださいね^^

 

恋愛心理学をしっていると結婚できない女性を卒業しやすくなります!!

他にも結婚できない女性についてまとめてあるのでこちらも併せて読んでみてください!

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました