シングルファザーの再婚。再婚相手と子供の信頼関係の築き方

シングルファーザーの再婚。再婚相手と子供の信頼関係の築き方 婚活男性向け

シングルファーザーの再婚は自分も子供も幸せになれる再婚相手を選びたいですね!

 

《幸せな家族》を作るために、再婚相手(継母)になる女性のどこに注目して再婚を決めたらいいんだろう?

今回はそんな疑問にお答えします!

 

《再婚を決める際の再婚相手の注目ポイント》

再婚相手の女性は子供が好き?

あなたの子供と再婚相手の相性。

理想の違い①:子供の育て方

理想の違い②:家族としての過ごし方と夫婦としての過ごし方の比率

 

《再婚相手と子供の信頼関係を作る》

一緒に遊ぶ機会を作り何度も顔を合わせる

一緒に遊べること、一緒にできる事をする

スポンサーリンク

シングルファーザーの再婚で最大の注目は《新ママと子供の相性》

家族

シングルファザーが再婚の決め手を考える上で最大の注目するべきポイントは再婚相手(継母)になる女性と子供との相性です。

 

当たり前ですが新しいママになる可能性のある再婚相手は基本的に子供が好きでしょうか?

 

子供の年齢にもよりますが、もしまだ小さい子供であれば再婚相手である継母と遊ぶ時間が増えるでしょう。

 

表向きだけの子供好きの再婚相手では後々後悔することになります。

再婚を考えている女性と子供と一緒に公園など、日常の時間を過ごすことになり得る 環境に出向きましょう

 

そして何度か顔を合わせて子供がなれてきた頃に、トイレや仕事の電話など不自然ではない用事を作ってあなただけ席をはずします。

 

子供と再婚相手の女性の二人で過ごしている姿を見つからないようにこっそり眺めてみてください。

 

その時にもし少しでも違和感を感じたら再婚を考え直す方がいいかもしれません。

 

公園など第三者の多い環境では周りの目を気にして例えトラブルがあっても良い精神状態を続けられるのが普通です。

 

さらにいつあなたが戻ってくるか分からない状況で、もし子供と仲良くできなかったり、子供から完全に目を離しているのであれば、再婚した後はどうなるでしょう。

あなたのいない家の中でその女性と子供が仲良くいられるはずがありません。

 

逆にあなたが不在の間も子供と仲良く遊んでいられる女性であれば、再婚してからも子供とその女性とが良い親子関係を築ける可能性が高いです。

 

そしてその時の子供の表情も注目して見てみましょう。

子供が心から幸せな表情しているようであればその女性との相性も良いと判断できます。

 

6歳以下の子供であれば表情に心の状態が分かりやすく出るので、子供がどの程度新しいママになる可能性のある女性に心を開いているかどうかは子供の表情と帰ってからの感想を聞くことで判断することができます。

 

シングルファーザーの再婚の場合は子供が要になってきますので、新しいママになる可能性のある女性と子供の相性は一番注目すべきポイントです。

 

また子供の方が感性が磨かれていることが多く相手の本性を感覚的に見抜けます。

子供が嫌な反応をする時は、それなりの女性なのかもしれません。

 

再婚相手と子供の信頼関係を築く方法

どうしたら再婚相手と子供が仲良くなれるかな?

 

再婚相手の女性と子供に仲良くなってほしければ、一緒にできる遊びをするのがおすすめ!

一緒に工作をする、折り紙をする、鬼ごっこをするなどです。

一緒に何かに取り組み、楽しい経験を積む事は信頼や絆を強くします。

ボードゲームができる年齢であればボードゲームもおすすめです。

 

再婚後のトラブルを最小にする《子育てのすれ違い》を減らしておく

子育てのイメージ

再婚とは言え、子供と一緒にいる時間は女性の方が長くなることも多くあります。

 

シングルファーザーとして育ててきた誇りや再婚だから女性には、子育てに対して口を出されたくないという思いがあるかもしれません。

 

しかし一緒に過ごす時間が長く家族になると子供の育て方が女性の日常にも影響を与えることもあります。ですから一切口を挟まないというのは難しいでしょう。

 

再婚を決める前に、あなたがシングルファーザーとしてどういう点を大切に子供を育ててきたのか。

これから子供をこういう風に育てていきたいと思っている。

 

子育てでこだわっていきたいポイントはどこなのかなど、子供に対する思いを女性に伝えておくと再婚後のトラブルを最小限にすることができます。

 

さらに日常に関わる些細なこともトラブルの元になります。一例としては

食事中のマナーはきちんと守らせるor 多少ふざけてもいいから楽しく食事の時間を過ごす

などです。

 

再婚の前に話をしておくことで女性も再婚後の生活がイメージしやすくなりますので、事前の話し合いはお互いにとってメリットになります。

 

再婚後のトラブルを最小にする《家族と夫婦》の時間割

時間

《家族での時間の使い方》と《夫婦での時間の使い方》は全く違う時間の使い方です。

 

相手の女性が初婚なのか再婚なのかにもよりますが、再婚後に夫婦の時間=男女としての時間が流れるものだとイメージして再婚したにも関わらずその時間がほとんどないとなれば、女性はその結婚を後悔してしまうかもしれません。

 

  • どのぐらいの頻度で男女の時間を取ることができるのか
  • 子供も含めて温かい家庭の時間をどの程度とりたいと思っているのか

 

きちんとした取り決めまではいかなくても事前にこのように過ごしたいと思っているというお互いの希望を擦り合わせておくことは大切です。

 

結婚後にこのような後悔が女性の中に沸き起こってもなかなか言い出せない人も多くいます。

 

再婚前だからこそ憶測なくストレートに話ができる大切な話題です。

 

シングルファーザーの再婚は再婚相手と子供の信頼を築いてからがベスト!

家族

シングルファーザーの再婚はあなたの子供との相性が良い女性であれば事前に話し合いをして、信頼を積み重ねてから再婚するのがおすすめです。

 

信頼を積み重ねるにはあなたと子供と継母が一緒に遊ぶ機会を増やすことです。

一緒にできる遊びを取り入れることです。

(折り紙、工作、鬼ごっこ、サッカー、ボードゲームなどがおすすめです。)

 

子供は小さければ小さいほど継母を新しいママとして受け入れやすくなります。

 

しかし、どんなに小さい子供でも人格はしっかりとありますし子供も新しいママになる再婚相手が信頼できるかどうか子供なりに測っています。

 

焦らずに何度も顔を合わせ、何度も一緒に過ごす時間をとって、再婚する前からすでに家族のように信頼し合える関係を作ってから再婚に踏み切れるのが理想です。

 

再婚のプロセスでも再婚後でも一番負担がかかるのは子供です。

 

子供の表情よく見て焦りすぎていないか我慢しすぎていないかチェックしながら再婚のプロセスを落ち着いて進めてくださいね!

 

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました